びっち講習しまくりです

「あっ、はぁなるほど♡インストラクターのであれこれ埋ってるよぉ♡んぅっ、好ましい♡」
「はぁはぁっ、あまねっ!中頃がこんなっ、とけるほど激しくなってるぞ!」
「あっ、あっ♡ぁひぃ♡こんなの……いよいよ♡ぁあああ♡ひあなるほど♡著しい♡ひきずりだされるぅ♡」
くっ、あまねの中頃がこれ程有難いなんて。中で出したい。ターゲットは生徒で、私は塾の講師なのに。こんなことしちゃういけないと分かりつつも私は塾で学徒を一心不乱に犯して仕舞う。
なぜ私はこんなことに……――
予め、私は他所の塾で一講師として働いていた。だが私には自分で私塾を解くという目論見があり、つい先日についにその目論見を適える実例にエライのだ。
だが集まった学徒は夫人校生6顧客。しかも全てビッチくさいちゃ陣ついた感触や振舞いが引き立ち、あんな冴えないオヤジ中年の私でターゲットが勤まるのか不安だった。
なるほどでもそんな事は依然として杞憂だったと言っていい。寧ろ、
「せーんせ♪なに見てるのかなぁ?早く進めて欲しんだけどなぁ。やっぱり面構えが赤いよ?ふふ」
「ふおっ!?」
放課後、私はあ模倣という夫人学徒のおっ○いに見とれて、しかもそれを自分に気付かれてしまう。だがそれより、
「お、おい!何してるんだ!宮野!」
「んー?ふふふ。インストラクターがちらちら私の身体見てるから、こーいうのやるかなーって。てかさ、インストラクターもっとビンビンじゃん」
アウターを脱ぎ出すあまね。これってちょっと……
小説作品は父親対象品物。ビッチギャルなJK陣と塾の講師が乱交しめくる品物。
ビッチギャルを相手にヤりめくるヒーロー。殊更個人的にお求め狙う状勢は、
「あぅぅ……で、でもぉ♡このままじゃ切なくて心おかしくなっちゃいそうですっ」
「じゃあ優衣がなぜどこをどういう風にしてほしいのか、必ずおねだりしたら望みどおりにしてあげようかな」
「あれれ……も、すでに……、んっ♡公約ですよぉ……お、おちん○んで……私の中頃を……突いて……下さい」
「んーそれじゃあダメだなぁ。さらに下品に……」
と、おとなエンディングのJKにおねだりさせるポジション!ヒーローが最初は困りつつも段々と慣れてきて、乱交プレーは必須。やっぱり更に激しい実例?というかエロい事を多々しようと、恋人陣に何だかんださせて出向く成長が良いですね。
最終的には全てと同時にしますからねぇ。やけに酒池肉林。王室感触でJK6顧客相手にセック○行う!
こんなにもヒロインが多くて、パターンも良いのに全編一生懸命カラーですからね。素晴らしいです。正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しないクオリティだ!
車買取り